助かる命.com 木村公一の著書「未来の夢は何ですか?生きることです。」

骨髄提供ドナーとなった著者の実体験を書籍化 売上の全額を「骨髄移植推進財団」に寄付しています。

HOME >> はじめに >> 「人助け」それは私の永遠のテーマ。

「人助け」それは私の永遠のテーマ。

画像(470x352)・拡大画像(600x450)

今までも様々な人助けの活動はしてきました。
学校を卒業後、今の仕事につながる「大工」になったのも、
人の暮らしの基となる「家」を作るという、
人の為になる仕事であると感じたため。

何故か私は、「人助け」や「人の為になる」というテーマが常に心の中にあったのです。

まるで吸い寄せられるように…。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

そしてある時、NPOの手続きをしに行った先に置いてあった、骨髄バンクドナー登録のパンフレットがにふと目に飛び込んできました。
気付いた時には、私はそれを手に取っていました。

そして手続きを終えた帰り道では、そのパンフレットに記載されていた連絡先に連絡していました。
まるで吸い寄せられるように…。

その命を救うため

画像(141x180)・拡大画像(300x381)

ドナー登録してすぐ、私の髄液と適合する患者さんがいる事を知らされ、私は髄液を提供し、その患者さんの命を救う事ができました。
タイミング的にも、私がその時にドナー登録しなければ、その患者さんの命を救えなかったそうです。

厳しい骨髄移植の現実

画像(180x134)・拡大画像(400x298)

結果として一人の命を救うことができた事に喜びを感じましたが、それと同時に、骨髄移植というものの現状の厳しさを痛感させられました。
骨髄移植という問題に直面した方でないと知ることはないのでしょうが、骨髄の移植と一言で言っても、一筋縄にはいかない事ばかりで、骨髄移植をする為に、ドナー側も30日位の入院が必要であったり、肉体的な負担もかかったりするのに対し、骨髄バンクからの支援にも限界がある為、現状として(救うべき)自分の家族に骨髄の移植が必要になった時、ドナー登録する人がドナー登録全体の90%という、非常に厳しいものなのです。
さらに今の日本の医学的な要因もあり、費用も高額なのです。

木村公一さんご本人へのインタビューと皆さんへのメッセージ動画です。

何かしなくては、助けてあげなきゃ

その現実を知った時、何しなくては、助けてあげなきゃと思いました。
今までも様々な人助けをしてきましたが、これだけ骨髄移植の厳しい現実を知ってしまうと、どうにかしなくてはという想いや、中途半端な行動だけではダメだと感じていました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

そんな事を考えている時に、ライオンズクラブや倫理法人会や宅建協会、そして教育委員会等、おつきあいのある様々なところから、私の骨髄移植の体験について是非、講演をしてほしいという依頼がくる様になりました。
講演のきっかけは外からの依頼でしたが、同時に私はこの厳しい現状について多くの人に知ってもらいたいと思う様になったのです。
そしてその想いは、講演を依頼してきたお付き合いのある方々の協力を得て徐々に大きくなり、私自身もこの現状を何とかしようという気持ちから、この体験を本にし、売上を出して、その売上のお金を全て、命を助ける基金に使ってもおうと考えたのです。

知り、そして助けてください

本の売り上げは全て骨髄移植推進財団に寄付できる様、執筆しながらも並行してそれらの手続きを進めてきました。
この度、本も完成し、その本を売るためのホームページも立ち上げました。
皆さん、どうかご協力下さい。
本をお求め下さい。お読みになり、今の骨髄移植の厳しい現状を知って下さい。

あなたに買って頂くこの本一冊で…

あなたに買って頂くこの本一冊で、
命が助かる人がいます。

画像(180x42)

画像(179x47)

ページのトップへ ページのトップへ

news

プロフィール

木村公一

公栄住宅(株)

代表取締役

木村公一

略歴
県立猿島農芸高校卒
那須大学卒
日本大学大学院理工学研究科卒

所属
公栄住宅株式会社 代表取締役
住まいづくり研究所 理事長
NPO法人 田園生活を支援する会 理事長
日本土地環境学会 会員
ライオンズクラブ 会員
宅地建物取引業協会(古河支部 副支部長)
倫理法人会 会員

あるきっかけから、骨髄バンクを知り、ドナーとして登録。まもなく骨髄移植推進財団から、HLA型が一致する患者さんがいることを知らされる。
患者さんは、高校生、骨髄を提供しなければ助からない・・・。

茨城県の高等学校や中学校などで講演し、父兄にも大反響を呼ぶ。この著者の半生と骨髄ドナーとしての実体験ドキュメンタリーを書籍化し、全てを骨髄移植推進財団へ寄付することを決意する。

カテゴリーリスト

はじめに

サイト内検索

RSS1.0

[Login]


当サイトでは、この書籍販売の収益金の全額を骨髄移植推進財団に寄付します。
All rights reserved (c) 助かる命.com | Produced by ホームページ制作会社 イーナクエスト株式会社